ホーム » 2016.3.9職員による不正事件のお詫びとお知らせ

2016.3.9職員による不正事件のお詫びとお知らせ

この度、兵庫県高齢者生活協同組合が開催しました介護職養成の求職者支援訓練において、担当職員が県の正式な指定を受けずに開催するという重大な事件を起こしました。そのため、受講者のみなさまには、介護職等の資格を喪失するという多大なご迷惑をお掛けする結果となりました。
担当職員による不正事件とはいえ、職員を雇用し、指導監督責任のある当組合の社会的責任が免れないことは当然であります。改めて組合員のみなさまをはじめ、ご家族、ご支持いただいているみなさまに心より深くお詫び申し上げます。
事件以来、組合は33名の受講者のみなさまにたいして、資格再取得をはじめとする救済および補償を可能な限り行うべく、最優先かつ真摯に取り組んでおります。現在28名の受講者の方と和解が成立しました。そして、19名の方が再受講に励んでおられます。
今回の事件を教訓に、今後二度と同様の不祥事を起こさぬよう再発防止策を講じるとともに、組合の一層の発展のために全力をあげて頑張っているところです。
                                       2016年3月9日
                            (高齢者生協だよりNo.117より)

 充実した暮らしのお手伝い
資料を請求する