ホーム » 2017.11.26文化と平和のつどい2017~未来へつなごう~開催!

2017.11.26文化と平和のつどい2017~未来へつなごう~開催!

日時:2017年11月26日(日)11時~15時30分(開場10時30分)
場所:神戸市立新長田勤労市民センター3階大会議室、講習室1~3およびロビー

●大会議室・・・出演者の「ステージ」を設置したメイン会場
●講習室1・・・「控室」「飲食スペース(昼の部の時間帯)」
●講習室2・・・「生きがいスペース」として組合員の作品展示や手づくり雑貨や飲食品などを販売する
●講習室3・・・「居場所スペース」として射的ゲームやクリスマスカードづくり体験、昔懐かしい品物を展示(「回想法」)する
●ロビー・・・「出会いスペース」として組合員の作品展示や事業所紹介パネルの展示、飲食品の販売、また休憩スペースなど

【午前の部】

     
バリ舞踊が口火を切り、落語、脳トレゲームと続きました。美しい衣装と力強く優美な振り付けのバリ舞踊(プスパ・メカール様)では、終了後に花束贈呈のサプライズがありました。続いて、昨年から2度目の落語(虎乃家光甲様)は身振り手振りそして大きな声で噺に引き込まれました。アンケートも好評でした。午前の最後は、神戸女子大学健康福祉学部社会福祉学科の学生による脳トレゲーム。大学一回生の皆さんのフレッシュな姿に、孫を見るような気分でゲームを楽しみました。

【昼の部】
 
各スペースが盛況な賑わいをみせました。「生きがいスペース」の物販は売り切れ続出。作品展示は多数の出品があり、日頃からの充実した活動が垣間見えました。「居場所スペース」では射的やクリスマスカードづくりに取り組む参加者と学生の皆さまの楽しそうな声であふれていました。また、「回想法」の懐かしい品物を前に昔話に花が咲いて笑い声があちこちで起こっていました。「ステージ」では、13時過ぎから法人PVも上映されました。

【午後の部】
法人紹介として富岡専務理事があいさつを行いました。続いて、高齢協「居場所づくり」計画の担当者松下理事が計画を説明しました。
その後から、ステージ再開となり、まずは4歳から11歳の子どもたちによるキッズダンス(エース☆ダンススクール様)。かわいい子どもたちの踊る姿にあちこちから声援や手拍子がありました。続いて、長田区の組合員グループ「ちえの輪クラブ」の合唱・演奏。東日本大震災をはじめ各地でおこる災害被害者に平和な日々が戻ることを願って歌い演奏しました。フィナーレは神戸ウインドシンフォニカ様による吹奏楽演奏。なんと指揮者不在という状況の中、場数を踏んだチームワークと参加者の心を掴む選曲で会場を盛り上げてくれました。アンコールの365歩のマーチでは会場がワッと盛り上がりみんなで歌いました。ステージのあとで話を聞くと、何度か演奏が止まりかけた場面があったとのことですが素人にはわかりません…。
閉会あいさつでは阿江理事長が「居場所づくり」計画に対する募金をうったえ、また、私たちの取り組みへの参加を呼びかけました。

   
当日の天気は、午前中晴れて、午後から徐々に曇り時々小雨でした。
参加者数387人(来場者304人、出演者36人、ボランティア含む実行委員会47人)、作品展示113点、物販ブース14つ、事業所紹介パネル5枚。
今回の「つどい2017」では、組合員、職員、学生の皆さまをはじめ、多くの方々にボランティアでお手伝いしていただきました。また、出演者の皆さまや作品展示・物品販売に出品いただいた皆さまの積極的な協力のおかげで、運営資金が少ない中でも多彩なイベントにすることができました。実行委員会より、ここに改めて御礼申し上げます。
「健康で穏やかに暮らせる社会を、未来を担う世代につないでいこう」というメッセージが参加された皆さまに伝わり、私たちと一緒にその活動に参加していただけることを願います。そして、来年もまた、組織強化月間イベントとしてよりよい内容になるよう企画を練っていきたいと考えています。(つどい2017実行委員会担当 前田純徳)

 充実した暮らしのお手伝い
資料を請求する