ホーム » くらしのお手伝い » 生活支援事業 » (1)神戸支部コーディネーター紹介

(1)神戸支部コーディネーター紹介

◇川路 清子(神戸西部支部)
このたび、ご縁がありまして西部支部の生活支援コーディネーターとしてお世話になります川路清子です。幼少期を長田神社の赤い橋の前で育ち、小学5年生から22年余り長田区二葉町の長屋で過ごしました。性格は夫はきついと言い、友人たちは無口で大人しい?と言います。未知の仕事で何もわかりませんが、高齢者の皆様のお役に立てるよう微力ながら頑張りますのでよろしくお願いします。

◇渡邊 和彦(神戸中部支部)
高齢者生協「生活総合支援」の生活支援と就労活動を同時に追及する、を実現する為に、組合員皆様には今回の主旨の説明、ならびに有料ボランティアの紹介と同時に利用者の紹介をお願いし一人でも多くの方にこの事業に参加していただくよう説明してまわりたく思います。組合員でない方には高齢者生協を知っていただく努力からはじめたく思っています。小規模多機能型居宅介護事業所「かけはし」での介護の現場の経験をいかしてご利用者にご満足いただけるように努力していきたいと考えています。
組合員の皆さまには、出来る限りいろいろな活動のサポートをさせていただきたく、又 提案もおこなっていきたいと考えます。活動の点から線へ線から面へ広がる為にも、行くと楽しい、笑いがある、ついつい足をはこんでしまう。
笑いが生活支援と就労活動の活力となるそんなサロン(会員のいこいの場)の実現に向けて努力をいたしたくおもいます。

◇堀 潔(神戸東部支部)
今年の1月7日から神戸東部支部の生活支援コディネーターとしてお世話をさせていただくことになりました堀 潔と申します。私は昭和22年生まれの第1期団塊世代です。生まれは徳島で幼少の頃から四国八十八ヶ所参りのお遍路さんたちをよく目にしていました。徳島や香川には“お接待”と言う言葉があります。家の前で困っているお遍路さんがいると手助けしなさいと言う教育が知らず知らずの内に身につきました。二十年以上のホテル勤務でサービス業の経験があります。介護などの仕事は未経験ですが私の育った環境や経験を生かして努力してまいりますのでご指導のほどよろしくお願いします。

問合せ・連絡先

 充実した暮らしのお手伝い
資料を請求する