ホーム » 共同墓「永遠」

共同墓「永遠」

神戸平和霊苑共同墓「永遠」 
(1)-① 神戸平和霊苑共同墓「永遠」建立
共同墓建立に向け検討を重ねた結果、2013年6月に神戸平和霊苑と墓地使用契約を締結、12月に着工、共同墓「永遠」は2014年3月15日に完成しました。
使用契約金は組合員本人15万円、同居家族の方は10万円とし、内訳としては①共同墓使用権利金②納骨料③永代供養料④墓誌名板彫石料⑤共同墓維持管理料で使用契約金以外の経費は一切かかりません。墓誌名板への彫石も俗名(本名)としまた、信仰や宗派は一切問いません。墓参はいつでも自由に出来、無料送迎バスも利用できます。共同墓「永遠」は豊かな緑に包まれた「神戸平和霊苑」内にあり、バリアフリーであるため共同墓の前まで車で行くことができますので、足の悪い高齢者の方にも負担が掛かりません。2017年4月末時点の契約者は108名です。

住吉霊園共同墓「永遠」
(1)-② 住吉霊園共同墓「永遠」完成
神戸市内東部地区の共同墓「永遠」は2月末から工事に入り、4月1日に完成しました。
場所は東灘区の住吉霊園内のつつじ地区で6㎡の規模です。(218柱の納骨が可能です)
眺望抜群で眼下に広がる大阪湾、阪神間を一望でき、四季折々の素晴らしさを感じることが出来ます。4月からご希望の方には見学をしていただいております。花元石材東部営業所から30分毎の無料園内巡回バスもご利用できます。(月曜日運休)また10月中旬には契約者のお名前を墓誌に彫石し、建立開眼式・共同献花祭(納骨式)を執り行う予定です。
使用契約金は組合員本人20万円、同居家族の方は12万円とし、内訳としては①共同墓使用権利金②納骨料③永代供養料④墓誌名板彫石料⑤共同墓維持管理料で使用契約金以外の経費は一切かからないのは神戸平和霊苑と同様です。

(2) 契約者・家族を結ぶ会「永遠の会」

小谷さん講演会 岩城さん挨拶
 サプライズ新年昼食会 小谷さん共同墓見学
「永遠の会」は契約者・家族を結ぶ会(墓友の会)として、毎年1月は新年昼食会、4月桜が満開の時期(4月第二日曜日)は共同献花祭・永代供養祭(納骨式)、6月は昼食会、9月は秋彼岸共同墓参会等を開催しています。
今年の新春イベントは1月18日、神戸市長田区「ホテルサーブ神戸アスタ」にて特別講演会及び新年昼食会を開催しました。特別講演会では株式会社第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部主席研究員小谷みどりさんに「最後まで自分らしく」と題して、高齢者として避けられない様々なリスクを受け入れ自立すること及び人とつながる努力を心がけることがまさに重要であることを強調され、納得させられました。また小谷みどりさんには新春イベント後、神戸平和霊苑内の共同墓「永遠」も見学していただきました。
次回のイベントは6月17日(土)12時から「永遠の会」昼食会を神戸市長田区「ホテルサーブ神戸アスタ」2階レストランにて開催の予定です。
今後、住吉霊園共同墓「永遠」の完成に伴い、「永遠の会」のイベントの拡大を考慮し開催していく所存です。

(3) 納骨式
納骨式 納骨式


現在、神戸平和霊苑共同墓「永遠」の契約者の中で81名が生前契約で物故者が27柱(内納骨済24柱)です。お墓が無いので仏壇の傍にお骨を置いたままの状態の方あるいは実家のお墓は遠方なので対応に困っている方また墓じまい等による改葬により納骨の必要性がある方等契約者の実情に合わせて、納骨に際してはスタッフでお手伝いをさせていただいています。

(4) 終活セミナー
大黒地域福祉センターにて 終活関連
「終活セミナー」は2013年11月から今年の4月までに神戸市内を中心として49カ所で開催し、延717名の方に参加していただいています。内容的は「葬儀事情の変化」「エンディングノートの必要性」「生前整理」そして共同墓「永遠」の紹介及び中山真紀子行政書士による「遺言・相続」の事前相談及び資料の解説と充実しています。
                                              以上

※共同墓「永遠」及び「終活セミナー」の開催に関するお問合せは
 兵庫県高齢者生活協同組合 共同墓「永遠」担当 藤山 孝まで
           TEL 078-646-3771 
                                (更新月日:2017年4月28日)

 充実した暮らしのお手伝い
資料を請求する