ホーム » ニュース

ニュース

2018.6.23 2018年度事業活動方針(ダイジェスト版)

第19回通常総代会にて議決された「2018年度事業活動方針」(ダイジェスト版)

1.高齢者を取りまく情勢と高齢協の役割
介護保険の軽度者外し、自治体事業への置き換えが本格始動しました。
その結果、サービス利用に制限がかかり高齢者が一層暮らしにくくなりました。また、事業者の経営難にも拍車がかかります。

2.事業経営計画
①地域に開かれ、ともに歩む事業所づくり
・介護保険事業に加え、障がい者支援や暮らしの困り事支援にも取り組みます。
・事業をとおして利用者や組合員、地域の関係者との絆を強め、「安心のネットワーク」を構築します。
②働き甲斐のある職場づくり
・職員の専門性を高める研修や学習会を開催します。
・情報共有の徹底やコミュニケーションの向上をすすめます。
・人材確保・育成のため、給与体系の見直しに取り組みます。
③「赤字事業」からの脱却
・全職員・組合員がお互いの理解を深め協力し、チームワークとネットワークを向上させ事業経営の改善に努めます。
・年間事業高6億円以上、原価率85%以下を達成させます。
・「軽度者」への支援に取り組みます。
・介護報酬に加算が取れる事業所づくりをすすめます。
・引き続き、神戸市委託事業の健全経営による事業運営に努めます。
 「いきいきサロン」の2年目方針は、「スタッフ人材の確保と育成」、「事業収益性の改善」、「新サロンの立上げ」、「サロン同士の交流促進」、「利用登録者の拡大」です。

3.組合活動と、組織強化を目指して
①生きがい・仲間づくり
・同好会・サークル活動の継続と新設を支援します。
・活動中のサロン(たまり場)の発展と、新たな地域でのサロンづくりに取り組みます。
・バス旅行や季節行事など、組合員のニーズに対応した企画を立案・実行します。
②共同墓「永遠(とわ)」と終活セミナーの推進
・契約者・家族を結ぶ「永遠の会」(墓友の会)の年間イベントを企画・開催します。
*神戸平和霊苑:4月に共同献花祭・永代供養祭、9月に秋彼岸墓参会
*住吉霊園:10月に共同献花祭・永代供養祭
*2ヶ所共通:6月に昼食会、1月に新年昼食会
・終活セミナーを東灘・灘区で年間12回開催し、参加人数100名を確保します。従来地区も須磨・長田・垂水・兵庫の各区を中心に8回開催し、70名を確保します。
 特に一人暮らしの高齢者が生活していく上での悩み、将来への不安・問題点の解決にも親身になって対応し、遺言・相続及び遺品・生前整理等の相談も個別に応じます。
・終活セミナーの参加者を中心として個別見学会を神戸平和霊苑は2回/月、住吉霊園は3回/月実施し、共同墓の理解を深めていただき、神戸平和霊苑は年間18名、住吉霊園は年間30名の契約者を確保します。
③社会保障・福祉に関する相談活動
・社会保障・福祉の相談活動を通じて地域のニーズや願いを吸い上げ、事業改善や新たな事業・活動の展開につなげます。
④組合活動の強化・発展
・10月~12月を「組織強化月間」とし、「つどい」の開催をはじめ様々な企画に取り組みます。
・支部委員会では、年間の活動計画をつくり、組合員にとって魅力ある活動を実施していきます。
・支部委員会が開かれていない支部は、委員会の設置と開催に取り組みます。
⑤高齢者生協だよりの発行と広報活動
・「たより」は年4回、1月、4月、7月、10月に発行します。
・組合員の中から手くばり協力者を募ります。
・広報ツールでは、ウェブサイトの刷新と継続的な更新に務め、総代・役員・職員への情報提供ツールを企画します。
・組合員や地域からの意見やニーズの収集に努め、事業・活動に生かします。
⑥他団体との連帯、社会的運動の促進
・地域の民主団体や協同組織との連携をすすめます。
・神戸ワーカーズコープに参加する団体との協同・連帯活動を継続します。
・社会保障の充実を求める活動や、平和を守る活動を継続します。

2018/09/05

2018.6.23 第19回通常総代会を開催しました

だれもが安心して暮らせるまちづくりを目指して

2018年6月23日、神戸市立新長田勤労市民センター3階大会議室にて、「第19回通常総代会」を開催いたしました。
各議案は、賛成多数により議決されました。
総代定数102名のうち、書面議決を含め90名が出席しました。

<議案>
●第1号議案
  2017年度事業活動報告及び決算関係書類承認の件
●第2号議案
  2018年度事業活動計画及び予算決定の件
●第3号議案
  役員(理事・監事)専任の件
●第4号議案
  定款変更の件
●第5号議案
  役員報酬決定の件
●第6号議案
  議案決議効力発生の件

理事長のあいさつ
大阪府北部で震災があり、改めて阪神淡路大震災を思い出された方も多いと思います。
振り返ってみますと震災のあった1995年から今日までの20年余り、高齢者にとって大切な社会保障制度である「医療・介護・年金」が悪くなることはあっても良くなることはなかったと言うことができると思います。
その最大の原因は「保険方式」にあり、保険料が負担できなければ保険証がもらえず、保険証があっても窓口や利用料負担が出来なければ十分な利用ができず、更に保険料や利用料の負担が出来ても空きがなければ施設入所もできないという、まさに「弱い立場の人を制度からはじき飛ばす」ものです。
また、今回の「介護保険から要支援や軽度の要介護者を外し、財源保障の低い自治体の事業に置き換えていく動き」は、より一層の弱者切捨てと介護保険事業所の経営難に拍車をかけるものです。
この流れをくい止め、「子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせるまち」を創っていく為には、ともに力を合わせてはたらき、役割を果たしあう『協働』が不可欠です。
本総代会において、この1年間の総括と今後の1年間の活動方針についてご討議いただくことを通して、地域・組合員・利用者と役職員との『協働』のあり方について考えて生きたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。
理事長  阿江善春

2018/09/05

2018.6 「くらまるくん」を退店することになりました

神戸西部支部・長田事業所のたまり場、
「レンタルスペースくらまるくん」退店に


2015年7月に神戸市長田区で、「大人から子どもまで誰もが立ち寄れる、地域の居場所をつくろう」とスタートした「くらまるくん」ですが、2018年6月で退店しました。
賃貸契約の3年満期をむかえ、更新にあたりテナント料金の値上げがあり関係者で協議した結果、退店することに決めました。
「ランチ」をはじめとした様々な活動をとおして、人と人とのつながりが広がって、大きな仲間の輪が出来ました。
今後は、「たまり場会場さがし推進委員会」を立上げ、第2の「くらまるくん」づくりを進めていきたいと思います。
最後に、「レンタルスペースくらまるくん」の活動理念に協賛し、ご支援・ご協力をいただいた皆様に感謝するとともに、退店することになってしまったことについてお詫び申し上げます。

2018/09/05

2018.3 (新)六甲事業所開設!

高齢者生協「居場所づくり」計画~2018年春・六甲からスタート~
「自宅で生活を続けたい」この思いを支えます


《(新)六甲事業所》
住所 神戸市灘区徳井町4丁目1-2 サンシャイン徳井1階

●ケアステーション六甲
 ・居宅介護支援事業
  TEL 078-858-8829
 ・訪問介護事業
  TEL 078-856-7070

●デイスペースほほえみの里
 ・通所介護(デイサービス)
  TEL 078-858-8818
  FAX(3事業部門共通) 078-856-7056

この事業所は、組合員や地域の皆様のあたたかいご支援と強力なご協力のもと建設することができました。
ご利用者様、ご家族、組合員、職員の思いが詰まったこの「居場所」が地域の皆様に認知、信頼されることが東部からスタートした「居場所づくり」計画が兵庫高齢協全体に広がり、ご利用者様、ご家族、組合員の皆様に信頼され、職員にとって働きやすい、働き甲斐のある職場につながると確信し、この事業所の発展の為に全職員が日々努力していきます。
2018/09/05

2017.11.26文化と平和のつどい2017~未来へつなごう~開催!

日時:2017年11月26日(日)11時~15時30分(開場10時30分)
場所:神戸市立新長田勤労市民センター3階大会議室、講習室1~3およびロビー

●大会議室・・・出演者の「ステージ」を設置したメイン会場
●講習室1・・・「控室」「飲食スペース(昼の部の時間帯)」
●講習室2・・・「生きがいスペース」として組合員の作品展示や手づくり雑貨や飲食品などを販売する
●講習室3・・・「居場所スペース」として射的ゲームやクリスマスカードづくり体験、昔懐かしい品物を展示(「回想法」)する
●ロビー・・・「出会いスペース」として組合員の作品展示や事業所紹介パネルの展示、飲食品の販売、また休憩スペースなど

【午前の部】

     
バリ舞踊が口火を切り、落語、脳トレゲームと続きました。美しい衣装と力強く優美な振り付けのバリ舞踊(プスパ・メカール様)では、終了後に花束贈呈のサプライズがありました。続いて、昨年から2度目の落語(虎乃家光甲様)は身振り手振りそして大きな声で噺に引き込まれました。アンケートも好評でした。午前の最後は、神戸女子大学健康福祉学部社会福祉学科の学生による脳トレゲーム。大学一回生の皆さんのフレッシュな姿に、孫を見るような気分でゲームを楽しみました。

【昼の部】
 
各スペースが盛況な賑わいをみせました。「生きがいスペース」の物販は売り切れ続出。作品展示は多数の出品があり、日頃からの充実した活動が垣間見えました。「居場所スペース」では射的やクリスマスカードづくりに取り組む参加者と学生の皆さまの楽しそうな声であふれていました。また、「回想法」の懐かしい品物を前に昔話に花が咲いて笑い声があちこちで起こっていました。「ステージ」では、13時過ぎから法人PVも上映されました。

【午後の部】
法人紹介として富岡専務理事があいさつを行いました。続いて、高齢協「居場所づくり」計画の担当者松下理事が計画を説明しました。
その後から、ステージ再開となり、まずは4歳から11歳の子どもたちによるキッズダンス(エース☆ダンススクール様)。かわいい子どもたちの踊る姿にあちこちから声援や手拍子がありました。続いて、長田区の組合員グループ「ちえの輪クラブ」の合唱・演奏。東日本大震災をはじめ各地でおこる災害被害者に平和な日々が戻ることを願って歌い演奏しました。フィナーレは神戸ウインドシンフォニカ様による吹奏楽演奏。なんと指揮者不在という状況の中、場数を踏んだチームワークと参加者の心を掴む選曲で会場を盛り上げてくれました。アンコールの365歩のマーチでは会場がワッと盛り上がりみんなで歌いました。ステージのあとで話を聞くと、何度か演奏が止まりかけた場面があったとのことですが素人にはわかりません…。
閉会あいさつでは阿江理事長が「居場所づくり」計画に対する募金をうったえ、また、私たちの取り組みへの参加を呼びかけました。

   
当日の天気は、午前中晴れて、午後から徐々に曇り時々小雨でした。
参加者数387人(来場者304人、出演者36人、ボランティア含む実行委員会47人)、作品展示113点、物販ブース14つ、事業所紹介パネル5枚。
今回の「つどい2017」では、組合員、職員、学生の皆さまをはじめ、多くの方々にボランティアでお手伝いしていただきました。また、出演者の皆さまや作品展示・物品販売に出品いただいた皆さまの積極的な協力のおかげで、運営資金が少ない中でも多彩なイベントにすることができました。実行委員会より、ここに改めて御礼申し上げます。
「健康で穏やかに暮らせる社会を、未来を担う世代につないでいこう」というメッセージが参加された皆さまに伝わり、私たちと一緒にその活動に参加していただけることを願います。そして、来年もまた、組織強化月間イベントとしてよりよい内容になるよう企画を練っていきたいと考えています。(つどい2017実行委員会担当 前田純徳)

2017/12/13

過去のニュース

 充実した暮らしのお手伝い
資料を請求する